ブログ

工場の騒音規制 骨伝導の可能性

騒音規制法という法律があります。(昭和四十三年法律第九十八号)
その法律の第4条第1項・第2項の規定により、特定工場等において発生する騒音の規制に関する基準が定められています。

時間の区分/区域の区分
昼間
朝・夕
夜間
第一種区域
45デシベル以上
50デシベル以下
40デシベル以上
45デシベル以下
40デシベル以上
45デシベル以下
第二種区域
50デシベル以上
60デシベル以下
四十五デシベル以上
五十デシベル以下
40デシベル以上
50デシベル以下
第三種区域
60デシベル以上
65デシベル以下
55デシベル以上
65デシベル以下
50デシベル以上
55デシベル以下
第四種区域
65デシベル以上
70デシベル以下
60デシベル以上
70デシベル以下
55デシベル以上
65デシベル以下

第一種区域、良好な住居の環境を保全するため、特に静穏の保持を必要とする区域
第二種区域 住居の用に供されているため、静穏の保持を必要とする区域
第三種区域 住居の用にあわせて商業、工業等の用に供されている区域であつて、その区域内の住民の生活環境を保全するため、騒音の発生を防止する必要がある区域
第四種区域 主として工業等の用に供されている区域であつて、その区域内の住民の生活環境を悪化させないため、著しい騒音の発生を防止する必要がある区域

工場の生産力は、周囲の環境との調和によって成り立っているともいえます。
当然ながら騒音対策として防音技術も大いに関係しています。

しかし、外への環境配慮としての騒音対策だけでなく、内部の問題も無視できないといえます。
騒音が発生する現場での耳栓やイヤマフの使用も別に決められていますが、さらにもう少し突っ込んだ対策も考えた方が良いでしょう。これは安全対策だけではなく、効率性も考慮に入れたものです。

それこそが情報伝達です。

騒音で聞こえないから情報が伝達されないという時代は終わりました。
米軍は爆音の中でも通信しています。

可能にしているのは耳を使った聴覚ではありません。骨伝導です。耳ではなく骨で聴くのです。
しかも米軍で実際に使われている特許技術をそのまま活用できるのです。

この驚異の技術、導入検討の企業様にデモ機をお貸出しています。
その前に、業務用骨伝導機器のページでチェックしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る