ブログ

店舗経営者が知らない骨伝導利用の営業利益UP方法

実は万引き対策に有効な骨伝導

ある程度の規模の店舗では必ず万引き被害が発生します。
商品単価が安くても、頻度が多ければ、合計するととんでもない金額になる可能性もあります。その万引きされた商品は、失われた利益をもたらすだけでなく、在庫そのもの損失になります。このマイナス金額分を営業利益で補うとしたら、安い単価の商品だったらいったいどれくらいの数量を販売しなければならないか、考えると恐ろしくなります。

最少人数で店舗を運営していると、万引きの疑いのある怪しい人物を発見してもなかなか対処できません。もし濡れ衣を着せてしまったら、店の信用問題にまで繋がりかねません。決定的な証拠を押さえたくても、店員は自分の持ち場を離れられず、他の店員にマークして欲しい人物について伝える手段がありません。

実はこの問題は簡単に解決できます。
防犯カメラだけでなく、積極的な万引き対策をすれば良いのです。

しかし、そんな簡単な万引き防止策というのはあるのか、疑問はごもっともです。
大型店舗や大手の店舗では専門のガードマンが万引きをよく見つけます。なぜなのかは簡単です。怪しい人物をマークして、その行動を監視できるからです。同じことを店員だけでやろうとするから無理があるわけです。店員にはそれぞれの役割がありあますから、徹底的に怪しい人物を追いかけて見張ることは不可能です。
しかし、複数の店員に情報をリレーしていけば、ガードマンと同じようにマークすることは可能です。これが情報の共有化です。

ここで問題になるのが情報の共有化の手法です。
店員間の情報のやりとりで一般的なのは無線機・トランシーバーです。ただしヘッドセットやイヤホン・マイクを装着すると耳を塞いでしまうため、目の前の顧客との会話に支障が生じます。これでは意味がありません。

つまり、耳を使わない通信手段があれば良いことになります。

それが耳をふさがない骨伝導ヘッドセットと無線機の組み合わせです。

サービス向上と喧騒の店内案内に有効な骨伝導

大型の飲食店などでは、案内役の人が奥にいる店員に無線を使って開いた席などを確認するために使用する例があります。しかし、例えば喧騒の居酒屋などでは無線機での通話はかなりの困難を極めます。顧客へ早く着席できるための情報共有や、店舗側では効率化という役目を担う強力な武器も、聞こえなければ意味がありません。

こんな場面でも耳を使わない骨伝導の出番です。
無線機・トランシーバーと骨伝導ヘッドセットの組み合わせは、こんな特徴があります。

■ 耳をふさがない通信なので、お客様の声は絶えず聴こえる体制にある! サービス低下にならない!
■ 込んだ店内でも騒音にかき消されることない通信できる! ムダな動作を必要としない安定感。

無線機も免許不要が最初は無難です。環境にあわせた無線機選びから最適な骨伝導機器活用まで、骨で聴くマーケッターがご提案致しますので、よろしくお願いします。

「骨で聴く異世界」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る