ブログ

お見舞いと敬老の日の贈り物

お見舞いきくちゃん

年末年始やお盆と違って、敬老の日は必ずしも家族が集まるとは限りません。
しかし、残念ながら病院で敬老の日を迎える高齢者もいますから、そんな場合は家族でお見舞いに行き、敬老の日のプレゼントを渡したいものです。病室で孫やひ孫の元気な姿を見せるだけでも、何よりの贈り物になるかもしれません。

病院だけでなく、介護施設という場面もあるかもしれません。
それだけ高齢化社会に突入したことにより、敬老の日のシーンも様変わりしてきたといえるかもしれません。

病室で敬老の日を迎えたとして、折角ですから孫やひ孫の元気な姿だけでなく、声も確実に届けてあげたいものです。会話が成立することで脳も活性化するでしょうから、何よりの敬老の日の贈り物になるはずです。

高齢により耳が遠くなった人は、どうしても会話が少なくなります。だからといって補聴器をむりやりに付けさせようとしても、どうしても無理があります。
それより気軽なコミュニケーション手段を用意して、お見舞いと敬老の日をあわせて最大のプレゼントにするのはいかがでしょうか?

その目的を達成するのに貢献するのが、骨伝導機器です。
一般的な補聴器ではありません。

実際に、補聴器は巨大マーケットでありながら、普及率と使用率は大きな増加を伴っているとは言い難い状況です。

     → なぜ補聴器が普及しないのか

眼鏡と補聴器との対比で見ると、信じられないくらい差が出ています。よくビジネスでは「眠れる巨大市場」という表現をしたり、潜在需要とかを考えて、新たなライフサイクルを構築しようとしますが、補聴器はなかなか難しい分野といえます。

敬老の日というおめでたいことからすると、少しシビアな見方になりますが、実はこの耳が遠い状況で入院が続くというのは、遺産相続のトラブルにも関係します。しっかりとした会話が出来ない状況で死を迎えるのは、実は大きな問題を孕んでいるといえるのです。

縁起でもない話は別にしても、せめて敬老の日のお見舞いのときくらい、気軽に会話がしたいものです。

そこで、骨伝導機器ですが、これは必要なときに必要な時間だけ使うのが最も効果的です。しかも寝たきりであっても、専用の骨伝導スピーカーを使えば無理なく使えます。

しかし、骨伝導製品であれば何でも良いわけではありません。
難聴の方が使うわけですから、性能差を考えないと逆に無駄になってしまいます。

安心なのは米軍に採用された特許技術を駆使した製品です。しかも実際に病院で医師と患者との間で使われてもいます。

おそらく不安な点は、実施に試してみないと効果は分からない、ということではないでしょうか。そんな声はよく耳にします。
中程度の難聴までならまず大丈夫です。それ以上となると個人差が激しいのと、特に感音性難聴の進行が激しい場合には難しいといえます。
逆にいえば、老人性難聴で伝音性難聴が激しい場合などは、何の問題もないことになります。

しかも、

しかもです。

今なら「敬老の日特集」で7周年記念の際に復活した「全額返金保証」が実施されています。

このチャンスにお見舞いだけでなく、家族の絆を確認するためのアイテムとして骨伝導音声増幅「きくちゃん」をお試しください。

     → 全額返金保証「きくちゃん」

キャンペーンは数量制限があります。
特に過去のデータでは、敬老の日直前に圧倒的に出荷していますので、ぜひキャンペーン終了前にお求め頂くのが賢明かと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る