ブログ

在庫僅少! 安全信話1号・PHS用骨伝導ヘッドセット

安全信話1号

東日本大震災後の福島原発に最も納入した実績があるのが「安全信話1号」・PHS用の骨伝導ヘッドセットでした。原発での現場で放射能から身を守りながらの作業は、従来では考えられなかった規模でした。
そんな過酷な現場作業では連携が大切で、作業効率をアップさせるために情報を共有化し、危険予知が必需となってきます。現場では騒音による通話音声の遮断、防護服によるヘッドセットの無力化などの問題に骨伝導ヘッドセットが大活躍してきたのです。

 

未体験の高性能!
特許取得の骨伝導スピーカーを採用した「安全信話1号」は、周囲の騒音に邪魔されることのないクリアな音声を実現し、パワフルな小型アンプユニット、現場作業がラクラクな軽量ヘッドギアタイプです。PHSに接続できるタイプです。

1.完全ハンズフリー(両手自由)通信
一般的なハンズフリーキットのように別にマイク、スピーカーを設置する必要がありません。超軽量のヘッドギアはマイクとスピーカーがセットされていて、アンプユニットを介してPHSに接続するだけです。車内でも車外でも使用できます。

2.耳をふさがず受信できる!
高出力の骨伝導スピーカーは国際的な特許を取得しています。これを聴覚器官への伝達に有利なこめかみ部に配置し、送受信用のマイクを口元に配しました。このため、両方の耳が完全にオープンな状態でありながら、明瞭に受信音声を聞くことが可能です。
同時に耳からは外部音も直接聞くことができるため、業務の安全性が一気に向上します。まさに骨伝導ならではの特長です。

3.騒がしい中でもクリアな音声!
重機類の騒音の中でも、クリアな通信を可能にします。骨伝導の原理によって音声信号を振動に変換しているからです。使用環境によって片側スピーカー、両側スピーカーを選ぶこともできます。

4.スマートなデザイン、軽快な装着性!
超軽量のスマートなデザインはどなたにも快適にフィットし、長時間の使用にも疲労をとまないません。イヤホン・マイクのように耳からずれることなく安全に作業ができます。

5.健康に安全!
電磁波が脳に及ぼす影響には長時間の使用による記憶力の減退等、様々な人体への影響が出るといわれています。その電磁波の発生するアンテナ部分を頭部より遠く離すことにより、脳への影響がないくなります。
骨伝導スピーカーは鼓膜を通さずに直接聴覚器官に音を伝えるので、軽度の難聴の方にまで対応できます。

この驚異の「安全信話1号」ですが、実は在庫が僅少になってきました。大量納品は難しい状況になりました。
お問合せ・お求めはお早めにお願い致します。
            ⇒ お問合せ

PHS用ですが、機種によっては変換プラグが必要な場合があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る