ブログ

  1. 騒音とヘッドセット

    労働安全衛生規則による耳栓着用時の通信方法

    労働安全衛生規則の第595条は、騒音障害防止用の保護具について定めてあります。1 事業者は、強烈な騒音を発する場所における業務においては、当該業務に従事する労働者に使用させるために、耳栓その他の保護具を備えなければならない。

    続きを読む
  2. ヘルメットを一瞬で骨伝導スピーカーに変身

    一瞬でヘルメットをスピーカーに変える! バイク用インカムBUHEL増産

    バイク用インカムの常識を覆す!ヘルメットが一瞬にして骨伝導スピーカーに変身! バイク用インカムに米軍採用の特許技術! 米軍で採用されている特許技術の骨伝導スピーカーVibraudioを使ったバ...

    続きを読む
  3. 被災地に骨伝導の聞こえをお届け

    東日本大震災・陸前高田市へ骨伝導で聞こえをお届け 【あれから4年】

    2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒、太平洋の海底を震源とする巨大地震が発生しました。未曾有の大惨事をおこした東日本大震災です。発生時点において、日本周辺における観測史上最大の地震でした。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7でした。

    続きを読む
  4. 骨伝導ビジネスのライフサイクル

    相次ぐ人気製品の売切れ! 骨伝導製品ライフサイクル

    米軍採用の特許技術を駆使した骨伝導製品の中で、今までで最も人気の高かった商品が、「きくテル」と「骨伝導サングラス」「骨伝導ヘッドセットHG40SAN-TBT」でした。実際の購入だけでなく、お問い合わせの数も半端ではない数でした。

    続きを読む
  5. 赤外線きくちゃんの施設利用

    高齢者施設の骨伝導活用に赤外線きくちゃん

    高齢者施設というと、老人福祉法(昭和38年法律第133号)という法律の第5条の3に定めがあります。

    続きを読む
  6. 安全信話1号

    在庫僅少! 安全信話1号・PHS用骨伝導ヘッドセット

    東日本大震災後の福島原発に最も納入した実績があるのが「安全信話1号」・PHS用の骨伝導ヘッドセットでした。原発での現場で放射能から身を守りながらの作業は、従来では考えられなかった規模でした。

    続きを読む
  7. 骨伝導ヘッドセットとケンウッド

    UBZ-LP20&HG21CP-K1 骨伝導ヘッドセット流通量ナンバーワン!

    業務用骨伝導ヘッドセットでは、ダントツの導入実績を誇るHG21シリーズですが、装着する無線機の組み合わせとしても圧倒的な多数を占める機種があります。それがケンウッドのDEMITODD・UBZシリーズです。

    続きを読む
  8. 標準ラインナップ外のイヤマフ型骨伝導ヘッドセットHG82P

    インターネットでは掲載していないため、知る人ぞ知る製品をご紹介します。イヤマフ型の骨伝導ヘッドセットで、HG82Pシリーズです。これは世界的に定評のあるPELTOR社の高性能イヤマフH540Aをベースにして、世界的な特許を保有するテムコジャパンが独自の技術を搭載したものです。

    続きを読む
  9. 骨伝導から考える「聞く」と「脳」

    骨伝導から「聞く」と「脳」の関係に着目です骨伝導により脳波に影響があるとしたらどう思いますか?まずは安全面について考えるのではないでしょうか?安心してください。 安全性とは一切関係のない話です。

    続きを読む
  10. なぜ補聴器が普及しないのか

    なぜ、補聴器はメガネのように普及しないのか?

    なぜ補聴器が普及しないのか 今まで、「聞こえ」の問題で悩んでいる方には、補聴器が一般的でした。しかし、騒音で悩んでいる方には向いていませんし、難聴者にも敷居の高いイメージがありました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る