ブログ

一瞬でヘルメットをスピーカーに変える! バイク用インカムBUHEL増産

ヘルメットを一瞬で骨伝導スピーカーに変身

バイク用インカムの常識を覆す!ヘルメットが一瞬にして骨伝導スピーカーに変身!

バイク用インカムに米軍採用の特許技術!

米軍で採用されている特許技術の骨伝導スピーカーVibraudioを使ったバイク用インカム「BUHEL」。

Vibraudioの高性能ドライバーが音声信号を強力な振動エネルギーに換える特許技術です。バイク用インカムの常識が覆ったともいえるモデルです。
ヘルメット内部に明瞭なオーディオ空間を形成する「BUHEL」は、本サイトの国内独占販売でスタートして、早くも大量増産が決定しました。これで当分の間は在庫の心配をしなくてもすむようになりました。

BUHELヘルメット通信イメージ

改めてこの驚異的な技術を誇る「BUHEL」について、端的に説明すると、他のバイク用インカムと異なり、ヘルメットの構造を変更したりする必要は一切なく、しかも、ヘルメットそのものが骨伝導スピーカーになるため、救急車やパトカーなどの音も聞くことができるという優れものです。

ヘルメット通信システム Bluetoothでの接続

スピーカーに変身させたヘルメットが発する音声は、耳ではなく頭蓋骨で聞きます。耳は使いませんので、スピーカー以外の音は今までどおり耳で聞くことが可能なのです。
米軍で実証されている骨伝導スピーカーの威力により、安全基準を犯すことなく使用できるのは他では考えられないでしょう。

これは、骨伝導の仕組みに関係したことになります。
「骨伝導」を使う最大のメリットは、両耳が完全にオープンになることです。
骨伝導スピーカーを装着したまま、周囲の音を同時に聞くことができるので、バイクのヘルメットを被った状態でも緊急車両の音は自然に耳に入ってきます。
また、騒音の激しい場所では周囲の騒音に邪魔されない明瞭な音声を聞くことができます。

骨で聴くドットコムで解説する「骨伝導と何か」

ヘルメットへの着脱も極めて簡単なので、取り外して、複数のヘルメットで使うことも可能です!
オプションのベースプレートをヘルメットの分だけ用意するだけです。

Bluetoothのペアリングで、GPSナビゲーター、携帯電話、MP3プレーヤー等と接続可能

ヘルメット通信システム Bluetoothでの接続

骨伝導スピーカーに変身したヘルメットからは、Bluetoothのペアリングをするだけで、GPSナビゲーター(カーナビ)の音声、MP3プレーヤーの音楽などを聴くことができます。携帯電話(スマートフォン)とペアリングすれば、自動着信により快適なハンズフリー通話ができます。

「Bluetooth」って何?
デジタル機器用近距離無線通信の規格のひとつで、携帯電話や周辺機器などをケーブルを使わずに、音声やデータをやりとりすることができるものです。
大きな特徴を列挙すると以下のようになります。

チェック機器間の距離が10m以内であれば、壁などの障害物があっても通信が可能
チェック音楽などの大容量データもやり取りすることができる
チェック消費電力が低い
チェックスマホやノートパソコン、GPS、ゲーム機など様々なデジタル機器に対応
チェック設定方法が各端末によって異なるものの、比較的容易にペアリングができる

「Bluetooth」を搭載しているデジタル機器には、ロゴマークが記されてることが多いのでチェックしやすいでしょう。また仮に対応していなくてもBluetoothアダプタを取り付けることで使用することもできます。

接続した機器からの音声は、ツーリング中はヘルメットそのものがスピーカーになりますから、耳に何もつけなくて大丈夫です。ヘルメットの中に無理やりヘッドホンやイヤホンを装着する必要は一切ありません。

誰にでも簡単に装着できる手軽さも骨伝導「BUHEL」の利点!

BUHELの簡単な取り付け方

バイク・ディーラーやバイク用品店などに装着をお願いする必要はありません。
取り付け方も極めて簡単です。

ベースプレートには強力なテープがついていますので、剥離紙を剥がし、接着面をヘルメットに押し付けて貼ります。貼る位置は、ヘルメットの左側で、なるべく耳があたる部分の外側がベストです。

マイクは、F.F.MICとO.F.MICの2種類ありますので、どちらかを本体に差込み、ベースプレートに固定してください。磁石になっていますので、着脱は何度でもできます。しかも時速120km以上でも磁石がとれることはありません。

You Tubeのこんな動画も参考にしてください。

信頼性は? 米軍で使われ、イタリアの風とともに日本に上陸した「BUHEL」

米軍の軍事技術を濃縮した骨伝導BUHEL

バイク用インカムの常識を覆す「BUHEL」は、米軍で使われている骨伝導機器を応用したものです。
米軍が爆音の中で通話を可能にしている手法を利用しています。

この軍事技術の最先端で活躍する骨伝導スピーカーですが、この特許を保有しているのが日本の会社(株式会社テムコジャパン)であることをご存知の方は、ほとんどいないのではないでしょうか?

国内では自衛隊や消防庁、警察庁などで導入されています。

一般向けの製品が少ないため、一般の方の知名度はありませんが、知る人ぞ知る企業としてテムコジャパンは世界で活躍しています。

骨伝導特許保有メーカー

この米軍で使われている特許技術をもとに、Audiの関連製品などを生産しているイタリアのBUHELが工業デザインしたバイク用インカムが「BUHEL」です。
米軍で使われている基本性能、耐久性、防水性を背景にした信頼性は、おそらく世界のどの製品と比較してもナンバーワンといえるでしょう。

在庫が増えたとはいうものの、同じくらいの人気を誇った骨伝導ヘッドセットHG40SAN-TBTや、注目度ダントツだった骨伝導サングラスGK41~42、さらには高齢者や騒音の激しい工場・現場などで大活躍した骨伝導受話器きくテルのように、需要がある状態でも生産終了になるのが、このメーカーの特徴です。
もし少しでも気に入って頂けたなら、ぜひ在庫があるうちにご注文ください。

BUHEL詳細ページへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る